■ブラックアイとは?

健康雑誌で大反響&リピーター続出!

丸山式コイル ブラックアイ(特許取得の医療機器)

体内に流れる微弱な生体電流に働きかける、丸山式コイル ブラックアイは、コリや痛みをとるだけでなく、本来の力を思う存分発揮できます。
体に貼ることはもちろん、コンセントに貼ることでプラスイオンをマイナスイオンに変換させることが解っています。電流を打ち消すような作用をもつ丸山式コイルの巻き方は、体内の微弱な電流に対しても、何らかの働きかけをしていると考えられています。

ブラックアイでは、コイルの働きをそのままに全体を炭で練りこまれたシリコンでコーディング。
肌触りも優しくなりました。











医学博士
丸山修寛

開発者の丸山医師が、8年に及ぶ研究、3000名以上の患者さんの治療に用いる傍ら、その改良に取り組んできました。 そして、2012年一般医療機器の許可を得ており、自信をもって御紹介出来る製品です。

本製品は、押圧効果によりコリ、痛みを取り、その原因となる生体電流の乱れを引き起こす有害電気を取り除くことが出来る数すくない製品です。

ブラックアイに内蔵されているコイルは、「アンペールの法則」に基づいた構造です。

アンペールの法則とは電流とそのまわりに出来る磁場との関係をあらわす法則で、ブラックアイでは、反対を向いたコイルが重なり合うことで同方の磁気を打ち消します。

ブラックアイは、体に有害電気を受け、過剰にたまった電気を打ち消しあう役目があります。

 1958年 兵庫県生まれ
医療法人社団 丸山アレルギークリニック理事長。医学博士
1984年 山形大学医学部卒業。東北大学病院第一内科勤務を経て
1998年 宮城県仙台市に丸山アレルギークリニックを開院。
東洋医学と西洋医学に加え電磁波除去治療、波動療法に取り組む
その確かな治療には定評があり、独特の治療は多くの健康雑誌に取り上げられている。

【著書・開発 他】
2008.9.29 「お守り曼陀羅ペンダント」(主婦の友生活シリーズ ミラクルムック)
2009.4.1  「奇跡のマンダラシール」(マキノ出版)丸山修寛・著
2009.4.7 「500年の時を経てついに明かされたダ・ヴィンチの秘密」(幻冬舎ルネッサンス)
2011.9.1  開発品 医療機器『丸山式コイル ブラックアイ』発売
2012.11.30 「アトピーのルーツを断つ!」(ホノカ社)
2013.7.31 「クリスタル音叉 癒しの響きCDブック」(マキノ出版)丸山修寛・著
2014.1.31  船井幸雄氏・著「未来への言霊」にて紹介
2014.7.1  開発品『電磁波ブロッカー MAX mini』発売



商品名 アビリスプラス(丸山式コイル ブラックアイ搭載)
材質 アビリス本体:シリコン
ブラックアイ:銅線・スチレン系熱可塑性
エラストマーセラミック炭
本体サイズ S 17.0cm
M 18.0cm
L 19.0cm
LL 20.0cm
商品重量 6g
セット内容  アビリス本体+ブラックアイ1個付属 
製造国 日本
JAN Sサイズ 4571447630014
Mサイズ 4571447630021
Lサイズ 4571447630038
LLサイズ4571447630045
特徴  肌側に一般医療機器『BLACK EYE』を搭載。
日常ではパソコン・スマホ・電気調理器具など常に電気と
触れています。タブレットの画面操作も、体がもつ生体電流
により操作しています。逆に体はいつも家電製品などから電気
を過剰に摂取しているともいえます。

ブラックアイは日頃体に溜まる過剰な静電気を放出して、
整える目的で内科医の考えのもと開発しました。プロ野球・
ゴルフ選手の愛用者が増えているアビリスブレスレットに
ブラックアイを搭載したコラボモデルです。
アクセサリー感覚で身につけることができます。

電流を打ち消すような作用をもつ 丸山式コイルの巻き方は、 体内の微妙な電流に対しても、何らかの働きかけをしていると 考えられています。
ブラックアイでは、コイルの働きはそのままに 全体を炭が練りこまれたシリコンでコーティング。
肌触りもやさしくなりました。
何度も使えるので、 気になる部分に繰り返しお試しください。

■押圧効果
■遠赤外線効果
■マイナスイオン発生効果